引っ越しが安い東京都内のおすすめ業者

東京都内の引っ越しが安い業者といえば、この3社だと思います!
激安ですよ!

 

東京都内から都内への単身引越し相場の最安値

順位 業者名 最安値
1位 ケーエー引越センター 7,500円〜
2位 キタザワ引越センター 15,000円〜
3位 アクティブ感動引越センター 1,9000円〜

 

ケーエー引越センターの概要

会社名 株式会社ケーエー企画
代表者名 荒尾海雲
本社住所 東京都港区芝浦2-8-8 坂本ビル1F
電話番号 0120-915-846
資本金 3,000,000円
公式サイト https://ka-center.jp/

 

 

キタザワ引越センターの概要

会社名 株式会社キタザワ引越センター
代表者名 北澤敏也
本社住所 東京都江戸川区北葛西2丁目5-28
電話番号 0120-67-4466
資本金 25,000,000円
公式サイト http://www.kitazawa4466.co.jp/

 

アクティブ感動引越センターの概要

会社名 恵実物流株式会社
代表者名 笠原大岳
本社住所 東京都府中市緑町1-16-1 松山ビル3階
電話番号 0120-741-154
資本金 6,000,000円
公式サイト http://kandou.jp/

 

都内で一番安い引っ越し業者!ケーエー引越センターの評判は悪い?

都内で引っ越しするなら、ここは凄く安いですよ!
ただし、大手業のようなサービスを期待するとガッカリすると思います。
ケーエー引越センターについては、個別に解説しているので、そちらを参考にしてください。

 

参考:東京の安い引っ越し業者のおすすめは?

 

キタザワ引越センターは都営住宅の引っ越しシェア1位の都内の業者

 

転居と共にソファやベッドの無料引き取りを同時にお願いするために、あるリサイクル業者へ申し込みをしたところ、キタザワ引越センターという都内の引っ越し業者を紹介されて利用したので、その感想を紹介します。

 

キタザワ引越センターは、不要品の処分ができる「不要品買取・引き取りサービス」を行っています。
最近の大手は、こういった不用品の処分を自社で直接しなくなっているので、この点は便利だと思いました。

 

東京都の都営住宅の引っ越し件数ではシェア1位だそうです。
階段が多い住宅や高齢者向けに強みのある引っ越し業者です。
東京都内を中心の営業を行っています。

 

さて、我が家の家財の分量ですが、トラックでいうと2トンロングでぎりぎり車載できる量でした。
キタザワ引越センターに連絡して、見積もり作成のために自宅へ訪問してもらい、最初に提示された金額は7万円ちょっとでした。

 

繁忙期でないことと、都内で約15kmほどの移動距離でしたので高すぎると伝え、価格交渉の結果、2万円安い5万円で契約しました。

 

キタザワ引越センターは都内の引っ越しが安いけど作業内容は?

 

当日は前の引っ越し作業が押してしまったようで、予定時刻を少し回り開始されました。
キタザワ引越センターの作業員は、見積もり時には2人と言われていました。

 

しかし実際には3人で行われ、これなら早く終了するだろうと思っていましたが、3人中2人が外国人で、且つ1人はあまり作業に慣れていないようで手際はよくありませんでした。
そのため終了予定時刻を大幅に過ぎてしまい、次の引っ越しの方に申し訳なく思ったほどです。

 

ただ、良くも悪くも丁寧に作業をしていただけました。
過去に引っ越しすると、必ずと言ってよいほど何か電化製品が後日壊れたのですが、キタザワ引越センターに限っては今現在全て問題なく動いています。
丁寧に作業すると、作業速度は犠牲になるのでしょうね。

 

ソファとベッドの処分費を含め、総合的にみて他社であればもう少し安い金額で済んだかもしれません。
でも、別々に依頼する手間は省けたし、作業内容は今まで一番良かったので、満足のいく引っ越し業者だったといえます。

 

ちなみに作業していただいた日本人のお兄さんはとても感じが良かったです!

 

都内から都内への引っ越しが安いアクティブ感動引越センター

 

都内の千駄ヶ谷のおんぼろマンションに住んでいたころです。
実家を出て10ヶ月、家族に手伝ってもらっての転居、そして念願の一人暮らしでしたが、あまりの住環境のひどさに、代々木駅の反対側への引っ越しを検討していました。

 

毎晩マンションを物色しながら散歩をし、ここだ!という物件にたまたま空きがあるのを発見。
晴れて、新しい物件に転居を相成ったのです。

 

さて、引っ越し業者に作業を依頼したことがなかった私。
友人に口コミ・評判を聞くと「アクティブ感動引越センター」という都内の業者を教えてくれました。

 

アクティブ感動引越センターだなんて変な名前だなあ、と思いつつ見積もりを依頼。
そのときは電話での見積もりだったと思います。

 

1Kで25000円ほどだった記憶です。
凄く安いですよね!

 

ダンボールも多めに下さり、さあ準備作業開始!というタイミングで、私の仕事が繁忙期に入りました。
独身時代、徹夜なんてざらだった職場で、何日も帰っては仮眠を取ってすぐ出発という生活スタイルになってしまいました。

 

当然、荷造りはできず……

 

さて当日。
その日も私は徹夜明けで自宅に戻って荷造りをはじめていました。
半分ほどできたところでチャイムの音が!

 

定刻どおりに引っ越し業者の方たちがお見えになったのです。

 

「すいません、まだ終わってなくて……」
というと、アクティブ感動引越センターのお兄さんたちが一緒に荷造りを手伝ってくれ、あっというまに我が家はきれいに片付いたのでした。

 

アクティブ感動引越センターなら都内の引っ越しが安い!

 

このときは代々木の駅の反対側への移動でしたが、その後、代々木から品川への転居もお願いしました。
さらに都内の分譲マンションへの移動でもお世話になりました。

 

お仕事も丁寧でしたし、何よりお値段が見積もりした中で一番安い!
すっかりリ、アクティブ感動引越センターのピーターとなりましたが、今は都内にマンションを購入したので、もう引っ越しはしないかもしれませんね。

 

都内で引っ越しを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

都内の引っ越しが安いランキング1位は大手業者とは限らない

 

他府県への引っ越しなど、移動距離が長い場合が、全国に拠点網のある大手が圧倒的に強いです。
中継地点で、荷物を受け渡して、移動先の地域の担当者が作業を引き継げるからです。

 

参考:引越し業者の安いランキングBEST5(大手業者版)

 

小さな引っ越し業者は、全国規模の拠点網などありませんから、1日で終わらない作業だと、作業員の宿泊費が掛かってしまいます。

 

都内から都内などの近距離の引っ越しの場合、運び出しも、運び入れも、同じ作業員が行い、半日〜1日で完了します。
こういう場合、拠点網や中継基地などの投資をしていない分、地域の引っ越し業者の方が安いのですね。

 

大手はCMなどの広告費も凄いですから、その分の費用も料金に上乗せで掛かってきますしね。
ただ、地域の引っ越し業者は、知名度が低いので、そもそも、どんな会社があるのかも、普通の人は知りませんよね。

 

そういった場合、当サイトでも紹介している、一括見積もりサイトを利用すれば、便利だと思います。

 

以上、「引っ越しが安い都内のおすすめ業者」の紹介でした。

引っ越しは、業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

引っ越しを繰り返し経験した達人が、安く見積もりを取るコツを教えています!
ぜひ参考にしてください。

一番安い引っ越し業者はどこ?