アート引越センターのエコ楽ボックス、本当に便利でした!

数年前同県内で引っ越しをしました。
勤務先の紹介でアート引越センターを利用することに。
まずは見積りをお願いしました。

 

 

来てくれたアート引越センターの担当の方は説明も丁寧で明るく、こちらの質問にもきちんと答えてくれました。
ただ出てきた見積りを見ると正直やや高い感じを受けました。
基本的にはアートさんでお願いしようと思っていたため夫婦で話し合い、他の担当の方に再度見積りをお願いすることにしました。

 

すると金額的に抑えた見積りになりました。
もちろん金額の違いには理由があって、トラックの大きさや作業員の人数の違いが反映されていました。

 

二人暮らしを始めてまだ間もなかったこともあり必要最低限の家電・家具位しかなかったので、二回目の見積り内容で充分と判断しお願いすることにしました。

 

荷造りの際に役立ったのは、アート引越センターの「エコ楽ボックス」です。
エコ楽ボックスは、お皿を直接入れるので最初不安もありましたが、問題なく運ぶことが出来ました。

 

何よりも一つ一つ梱包しなくていいというのが、本当に便利でした。
無料で貸し出ししているので、ぜひエコ楽ボックスの利用をお勧めします。

 

「エコ楽ボックス」とは、物流・包装資材の出荷用の容器として使用されている「リスボックス」と、アート引越センターがオリジナルに開発した折りたたみ可能な仕切りを組み合せた食器梱包用の反復資材です。
簡単に梱包できるので、とても便利なんです。

 

 

 

引越当日、アート引越センターの作業員の方の挨拶や対応はしっかりしていて、特に不満はありませんでした。
養生の仕方も充分建物内に配慮してあり手際よく進んで、まさにCM通りという印象を受けました。

 

最初の見積り内容に戸惑いもありましたが、それも含めてきちんと対応してもらえたので満足しています。

 

エコ楽ボックスはアート引越センターのオリジナル

私は以前福岡市から東京都内に引っ越しをしました。主人の転勤がきっかけです。
引っ越し業者は主人の会社が指定して決めて頂きました。

 

転勤が決まってしばらくしてから、営業の方に見積もりに訪問して頂きその時に段ボールや梱包資材を一式頂きました。
食器などは、新聞紙で包まなくてもいいように、専用のエコ楽ボックスがあり、とっても便利だと思いました。
エコ楽ボックスは、アートだけのオリジナルなので、他の業者さんにはありません。

 

 

急な転勤ではあったのですが、引っ越しまで1ヶ月近く期間はあったのでのんびり荷造りをしていたら、いつの間にか引っ越し前日になってしまいました。
全く荷造りが追いついていない状態になってしまいました。
特にキッチン家電などどうやって梱包したらいいか分からないものはそのままの状態、コートなどの衣類は明らかにハンガーボックスに入りきらない量でした。

 

ですが、当日来て頂いたアート引っ越しセンターの作業員の方は全く動じない様子で、余分に持ってきていたエコ楽ボックス・ハンガーボックスなどで素早く梱包してくれました。
とても慣れているようで、若い方でしたがしっかりしている印象でした。

 

私たちの準備不足のせいで、予定していた時間も押してしまってギリギリになってしまったのですが、嫌な顔一つせずテキパキと作業をしてくれました。
さすが大手の引っ越し業者さんだと思いましたね。

引っ越しは、業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

引っ越しを繰り返し経験した達人が、安く見積もりを取るコツを教えています!
ぜひ参考にしてください。

一番安い引っ越し業者はどこ?