引っ越しが安い時期はいつ?おすすめは何月?

引っ越し業者に見積もりを依頼するときには、いろいろな時期が考えられます。
実は、いつ依頼をするかで?具体的にかかる費用が変わってくるので注意です。

 

引っ越し見積もりは、高い時期、安い時期というのが、はっきりしているからです。

 

 

そこを見定めて、時期を選んでいくと良いと思います。
決まった特定の時期に引っ越さないといけない事情があれば別ですけれど。

 

自由に選べるならば、できるだけ費用がかからない、安い時期に引っ越し業者に依頼をしましょう。

 

引っ越し業者も対応するのが大変なときと、大変じゃないときがあります。
その度合いによって、見積もりの高い安いが変動することになります。

 

引っ越し時期は何月が安い?

料金が安いとされている時期は、引っ越しが盛んではないときです。
夏あたりが該当します。

 

逆に冬から春にかけては、想像できると思いますが、転居をする人が多くいる時期のため、引っ越し業者もかなり忙しいです。

 

いわゆる繁忙期です。

 

そのため、繁忙期に見積もりの依頼をするのであれば、当然料金が上乗せされてしまいます。
高い費用を払わないと、作業をやってくれないのです。

 

そういった引っ越し業者の事情の部分も考慮して、安い時期に転居することを決めれば、少しでも費用を節約できるのです。
こういった豆知識のようなものは、1つでも多く知っておくと良いと思います。

 

引っ越しが混むシーズンはいつ?安い時期は?

引っ越しは、ある程度の時期や日に集中することがよくあります。
それはいつ頃でしょうか?

 

一番引っ越しが集中するのは、毎年4月の直前の時期です。
毎年、というからには理由があります。

 

 

新学期を向かえてこれから大学に通う、会社に通うという人が非常に多くなる時期だからです。
会社の転勤なども、3月決算の企業が多いので、新しい期となる4月の前に、転勤が増える傾向にあります。

 

したがって、この時期はどうしても転居をしないといけない人も多いのです。
となると、引っ越し業者としても仕事が増えて、大変になるわけです。

 

そして曜日でいうと、平日よりも土日を使って引っ越しをする人が非常に多いです。
それは平日には引っ越しができない事情もあるからです。

 

会社に通って仕事をしているような人であれば、どうしても平日は厳しいじゃないですか?
だから、仕事がない休日を利用しないといけないので、土日に集中するのは言わば当然です。

 

学生であれば、時期によっては長期休みになっていたりして、平日でも可能だと思います。
でも、それ以外の人は平日は無理なケースも多いため、休日に引っ越しをする人が増えやすいです。
つまり、毎年4月の直前の時期、更に土日は、引っ越し業者の繁忙期なのです。

 

引っ越し業者が、1年で1番忙しいのは、3月の土曜日の大安の日です。
この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか?

 

なんと3ヶ月も前です!

 

引っ越し時期のおすすめは3月以外の平日が安い

ここまで、話せば、もう結論は出ますよね?
3月以外の時期の平日が、業者を使って一番安い引っ越しができる日なのです。
自分で荷物を運ぶ人は、その限りではありませんが。

 

業者が忙しいと、なぜ見積もり金額が高くなるか?ですが、理由は単純明快です。
引っ越し業者の繁忙期は、毎年決まっていますが、トラックや人手を、その時期の仕事量に合わせて、1年間維持していくのは不可能です。

 

つまり、忙しい時期は、社外のリソースを活用しているわけです。
それは、下請けの物流会社だったり、アルバイトなどの人手だったりです。

 

つまり、引っ越し業者は繁忙期になると、通常の固定費にプラスして経費が発生するわけです。
自社の利益+下請け費用+アルバイト料・・・となるわけで、これでは安い見積もり金額になるわけがありません。

 

引っ越しが安い時期は業者の閑散期

引っ越し業者が暇な時期、暇な日に合わせて見積もりすれば、自社のトラックと作業員を遊ばせておくわけにはいきませんので、相当安くなりますよ。

 

会社にもよりますが、感覚的には、繁忙期の半額程度でしょうか。
一番安い引っ越しは、業者が暇な時期、暇な日を狙い撃ちにすることで可能になるのです。

 

難しい値引き交渉など、基本的には必要ないのです。

 

引っ越しが安くて家賃も安い時期は8月?

引っ越す時期を選べるて、賃貸住宅を借りる予定なら、家賃が安いときに引っ越したい人もいると思います。
部屋探しのオフシーズンは6月〜8月です。

 

この記事の賃貸住宅は、入居する人が少ない時期なので、家賃の引き下げ交渉がしやすいです。
空き部屋の大家さんとしては、空室のままでは収入になりませんからね。

 

引っ越しが安い時期は5月〜2月、一番金額が下がるのは11月ですが大きな差はありません。
とは言え、7月〜8月は夏休みを利用した学生の引っ越しが増える時期でもあります。

 

ということは、6月が引っ越し料金も家賃も安いベストな時期ということになりますね。

 

引っ越しが安い日はいつ?

大安とか高いとか、仏滅だと安いとか、そういったことを気にする人もいます。
傾向としては、仏滅は安いことが多い日ですが、仏滅だから安いのではなく、そういったことを気にする人がいて、引っ越し業者が暇だから安いのです。

 

 

ですので、3月の仏滅と、8月の大安なら、8月の方が安いです。
真夏に引っ越しする人が少ないからです。

 

引っ越しが安い季節・シーズン

縁起の良い日に引っ越したいけれど、少しでも安い方が良いなら、真夏に引っ越すすのも選択肢としてはアリです。
引っ越し業者の料金が高いか安いかは、引っ越しする人が多いかどうかに左右されます。

 

また、同じ日であっても、見積もりして依頼する時期が早いほご、金額は安いです。
自社のトラックや人員の予定がすべて詰まってしまっている場合、下請け会社を利用するので、その分、費用が増えるためです。

 

引っ越しが安い曜日はある?

引っ越しは時期によって金額が変わりますが、曜日にも左右されます。
ここまで読めば既に分かっていると思いますが、安いのは平日です。
土曜日が一番高く、日曜日や祝日も高いです。

 

転居先での片づけのことを考えると、土曜日に引っ越して、日曜日に片づけたいと考える人が殆どです。
という事は、業者としては土曜日は一番忙しいわけです。

 

反対に、引っ越し当日・翌日ともの平日の曜日は安いです。
日本は大部分の人がサラリーマンですので、移動する時期・曜日が偏ってしまうため、土日以外の曜日が安いのです。

 

引っ越しが安い業者を利用することも、時期と同じくらい大切

引っ越しが安い時期も大切ですが、それ以上にどの業者に依頼するかは大切です。
高い業者と、安い業者では、金額に大きな開きがあるからです。

 

私の経験でも、見積もりを比較した結果、安い引っ越し業者に依頼したことで、高い業者の半分の金額で引っ越せたこともあります。
そのために重要なのは、複数の業者から見積もりを取ることです。

 

複数の業者から電話が掛かってきたり、訪問見積もりに来られるのは、確かに面倒です。
でも、そのおかげで、20万掛かる費用が、半分の10万になるとしたらどうですか?
それくらい、見積もりに差が出るのが、引っ越し業者なんですよ。

 

当サイトでは、簡単に比較できる一括見積もりサイトを紹介しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

引越しが安いランキング

引っ越し時期と同じくらい重要な業者選びをランキング形式でまとめています。

 

参考:引越し業者の安いランキングBEST5

引っ越しは、業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

引っ越しを繰り返し経験した達人が、安く見積もりを取るコツを教えています!
ぜひ参考にしてください。

一番安い引っ越し業者はどこ?