日本通運の悪い口コミ

夫の転勤に伴う長距離の引っ越しで、日本通運さんに引っ越しを頼みました。
引っ越しの前日に梱包する係の人が来て梱包、翌日運び出しという手筈でのお願いでした。

 

 

すべての費用が会社持ちということだったので、梱包も日本通運にお願いする形にしたのですが、基本的に自分のものを他人に触られるのがあんまり得意でない私は、予定の日程までの間に少しずつ荷物を梱包していました。
また転勤族なこともあり荷物自体あまり増やさない生活を心がけていました。

 

梱包の当日、日本通運の女性スタッフが2名時間通りに来てくれました。
中年以上のまあ、いわば「おばさん」ですね。夏場の引っ越しだったので快適に作業してもらえるようクーラーをつけたりいろいろ気を配りました。
するとおばさん特有の図々しさみたいなものを徐々に見せ始めました。

 

作業自体は手慣れているのでどんどんやってくれるのですが、「奥さん、ちょっとこれしまって」と私を下っ端作業員扱いで働かせ始めたのです。
もうどっちがお客か分からない感じになりました。

 

梱包が終わると荷物が少なかったこともあり、予定時刻より大幅に早く終わったようで「ああ〜楽な仕事だった、奥さんが大分やってくれたから助かったわ。あはは。帰ろう帰ろう」と言って帰っていきました。

 

また、台所に簡易ガスコンロのガスボンベがあったのですが、「これは明日来る配送係にお願いすれば何とかしてくれるから。梱包はしてはいけない決まりだから」と言われ放置されました。

 

翌日その旨を配送のお兄さんに相談すると「僕らも運べません。それ梱包の係が処理することなので僕たちに言われても困ります」と言われてしまいました。

 

仕方なくすべてのガスを抜きただのごみになったガスボンベを引っ越し先まで送ることになりました。
今度梱包をお願いするときは、日本通運には厳しい態度で臨みたいと思います。

 

日本通運の良い口コミ

単身での引越しに日本通運の単身引越しパックを利用しました。
日本通運は、東京都内での引越しの場合、当日中に引っ越しの荷物の運びだしと、新居での運び入れまで行ってくれるため、とても便利です。

 

 

作業員の方も慣れた手つきでてきぱき作業していたため、安心して作業を見ていることができました。
すべての作業に荷物を傷つけないための配慮をされていたため、日本通運を選んでよかったと思います。

 

また、ネットで引っ越し荷物の登録をすると、事前の荷物確認なしに見積もりを作成してくれ、当日の追加料金もなかったです。
わざわざ数社を読んで相見積もりを取る必要もなく、ネット上での見積もり金額の比較で安い業者を選ぶことができ、かなり楽でした。

 

また、日本通運のウェブサイト上で、引越日までにクレジットカード情報を登録し、当日引っ越しの作業完了後、完了した旨をサインし、後日請求されるという流れになります。
見積りよりも荷物が多く、金額が増えた場合も、増額金額分を加えた総額はがクレジットカードから請求される形になります。

 

最近は、分割払いやリボ払いにも対応している業者が多いですね。
クレジットカードで支払うことで、楽天やPONTAなどのポイントや、ANAやJALマイルを貯めることができるので、現金支払いよりもクレジットカードの支払いの方が断然お得といえます。

 

 

引っ越しは業者によって料金が大きく違うことを知ってますか?

 

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは、もちろん当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。
引っ越しを繰り返し経験した達人が、安く見積もりを取るコツを教えています!

 

一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます。