引っ越し業者の見積もりが安い時期はいつ?

引っ越し業者に見積もりを依頼するときには、いろいろな時期が考えられます。
実は、いつ依頼をするかで?具体的にかかる費用が変わってくるので注意です。

 

引越し業者の見積もりは、高い時期、安い時期というのが、はっきりしているからです。

 

 

そこを見定めて、時期を選んでいくと良いと思います。
決まった特定の時期に引っ越さないといけない事情があれば別ですけれど。

 

自由に選べるならば、できるだけ費用がかからない、安い時期に引っ越し業者に依頼をしましょう。

 

引っ越し業者も対応するのが大変なときと、大変じゃないときがあります。
その度合いによって、見積もりの高い安いが変動することになります。

 

料金が安いとされている時期は、引っ越しが盛んではないときです。
夏あたりが該当します。

 

逆に冬から春にかけては、想像できると思いますが、転居をする人が多くいるため、引っ越し業者もかなり忙しいです。

 

いわゆる繁忙期です。

 

そのため、繁忙期に見積もりの依頼をするのであれば、当然料金が上乗せされてしまいます。
高い費用を払わないと、作業をやってくれないのです。

 

そういった引っ越し業者の事情の部分も考慮して、安い時期に転居することを決めれば、少しでも費用を節約できるのです。
こういった豆知識のようなものは、1つでも多く知っておくと良いと思います。

 

引っ越し業者が忙しい日を避けると見積もりが安い!

引っ越しは、ある程度の時期や日に集中することがよくあります。
それはいつ頃でしょうか?

 

一番引っ越しが集中するのは、毎年4月の直前の時期です。
毎年、というからには理由があります。

 

 

新学期を向かえてこれから大学に通う、会社に通うという人が非常に多くなる時期だからです。
会社の転勤なども、3月決算の企業が多いので、新しい期となる4月の前に、転勤が増える傾向にあります。

 

したがって、この時期はどうしても転居をしないといけない人も多いのです。
となると、引っ越し業者としても仕事が増えて、大変になるわけです。

 

そして曜日でいうと、平日よりも土日を使って引っ越しをする人が非常に多いです。
それは平日には引っ越しができない事情もあるからです。

 

会社に通って仕事をしているような人であれば、どうしても平日は厳しいじゃないですか?
だから、仕事がない休日を利用しないといけないので、土日に集中するのは言わば当然です。

 

学生であれば、時期によっては長期休みになっていたりして、平日でも可能だと思います。
でも、それ以外の人は平日は無理なケースも多いため、休日に引っ越しをする人が増えやすいです。
つまり、毎年4月の直前、更に土日は、引っ越し業者の繁忙期なのです。

 

引っ越し業者が、1年で1番忙しいのは、3月の土曜日の大安の日です。
この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか?

 

なんと3ヶ月も前です!

 

ここまで、話せば、もう結論は出ますよね?
3月以外の平日が、業者を使って一番安い引っ越しができる日なのです。
自分で荷物を運ぶ人は、その限りではありませんが。

 

業者が忙しいと、なぜ見積もり金額が高くなるか?ですが、理由は単純明快です。
引っ越し業者の繁忙期は、毎年決まっていますが、トラックや人手を、その時期の仕事量に合わせて、1年間維持していくのは不可能です。

 

つまり、忙しい時期は、社外のリソースを活用しているわけです。
それは、下請けの物流会社だったり、アルバイトなどの人手だったりです。

 

つまり、引っ越し業者は、繁忙期になると、通常の固定費にプラスして、経費が発生するわけです。
自社の利益+下請け費用+アルバイト料・・・となるわけで、これでは安い見積もり金額になるわけがありません。

 

引っ越し業者が暇な時期、暇な日に合わせて見積もりすれば、自社のトラックと作業員を遊ばせておくわけにはいきませんので、相当安くなりますよ。

 

会社にもよりますが、感覚的には、繁忙期の半額程度でしょうか。
一番安い引っ越しは、業者が暇な日を狙い撃ちにすることで可能になるのです。

 

難しい値引き交渉など、基本的には必要ないのです。

 

引っ越し業者の見積もりは比較することで安くなる!

引っ越し業者の見積もりが、1社からだけではなく、複数の会社からとって比較することが重要です。
その際は、堂々と比べていることをオープンにして構わないのです。

 

 

例えば、サカイ、アート、アリさん、合計3社の引越し業者から見積もりをとるとします。

 

サカイさん、アートは〇〇円にすると言ってるけど、お宅は××円にしかならないの?

 

アートさん、アリさんの方が〇〇円も安いけど、これ以下にしてくれたら契約するよ。

 

などなど、比較相手があることで、安く安く!みたいな値引き交渉ではなく、単純に状況を伝えるだけで、安い見積もりを引き出せるのです。
強引に交渉したり、お願い交渉するよりも、はるかに簡単で効果的です。

 

引っ越し業者の見積もりは、最低でも3社はとって比較しましょう。
1社だけ見積もってたら損ですよ!

 

引っ越し業者側も、見積もりが比較されることが分かっていたら、値段をふっかけたりはできません。
そんな事したら、契約して貰えないだけですからね。

 

値引き交渉が苦手な人もいるので、無理に値切る必要はありませんが、「他からも見積もりして貰ってます」と言うだけでも、効果があります。
ぜひ、覚えておいてください。

 

引っ越し業者の見積もり方法は一括見積もりがおすすめ!

比較することで、安い見積もりが引き出せるとは言え、複数の引っ越し業者に1社づつ連絡するのは大変ですよね。
今はインターネットの時代ですから、そんな時に便利なサービスがあります。

 

引っ越し一括見積もりです。

 

一度使うと、殆どの人が繰り返し利用するリピーターになるほど便利なサービスです。
私も、たびたびにお世話になっていますよ。

 

 

サイトの利用は無料、入力も簡単で、1度入力するだけで、複数の業者に一括して見積もりの依頼ができます。
この方法なら、1社づつ連絡する必要もありません。

 

私は、一括見積もりを利用するようになって、費用をぐ〜ん!と安くすることができるようになりました。
体験談を紹介しているので、ぜひ一度読んでみてください。

 

参考:私の引っ越し一括見積もり体験談

 

引っ越し業者で見積もりすると電話が掛かってくる!

一括見積もりサイトで申し込みをすると、入力した時間帯にもよりますが、業者の営業担当者から電話が入ります。
電話なんて面倒だな、と思うかもしれませんが、これは仕方のないことなのです。

 

ホームページで概算の金額を算出することができますが、あくまでも大体の金額でしかありません。
そもそも、自分の家にある荷物量を正確に見積もれる一般人はいませんからね。

 

そのため、引っ越し業者の営業担当者は、訪問見積もりのアポイントをとるために電話をしてくるのです。
営業担当者は、特別な訓練を受けていて、自宅に訪問することで、どの程度のトラックや人員が必要になるのかを算出できるのです。

 

単身パックのような、あらかじめ決められた量の荷物しか運ばないタイプのプラン以外は、基本的に訪問見積もりが必要です。

 

とは言え、複数の業者から電話が入ってきますので、煩わしく感じる方もいると思います。
そういう方には、引っ越し一括見積もりは向かないでしょう。
信頼できそうな1社に絞って、依頼する方法が良いと思います。

 

引っ越し業者で見積もりするときの注意点

引っ越し一括見積もりを使って費用を安くしたいのなら、絶対に頭に入れておくべき注意点があります。
簡単ではありますが、非常に重要です。

 

それは、即決しないことです。

 

一括見積もりサイトを使って申し込んだことは、引っ越し業者も把握しています。
業者側としては、他社と比較されると金額を引き下げる必要が出てきますが、なるべくそれは避けたいというのが本音です。

 

 

そのため、引っ越し業者は一番最初の訪問見積もりの約束を取り付けたがります。
そして、金額を提示した後に、「この場で即決してくれたら〇〇円にします」と言って、契約に持ち込もうとするのです。

 

更には、「これは即決価格なので、この場で決まらないなら値引きできません」などと、プッシュしてきます。
こんな手に乗っては、何のための一括見積もりか分かりませんよね。

 

即決なんかしなくても、それ以上に安くなるんです。
私も、即決価格に負けてしまいそうになったことがありますが、必ず3社以上は見積もりして比較しました。
即決価格よりも、必ず安い金額になりましたよ。

 

というか、即決なら〜と言っていた営業担当者本人が、更に金額を下げて来たことの方が多いですね。
ただのセールストークにしかすぎないということです。

 

営業担当者に金額を提示されたら、他を比べるので即決はしません、と宣言しておきましょう。

 

引っ越し業者の見積もり訪問は同時でも大丈夫?

複数の業者に来てもらって、訪問見積もりをとるとして、同じ日に呼んでも大丈夫なのでしょうか?
結論から言えば、まったく問題ありません。
引っ越しを控えて、それでなくとも忙しいのですから、わざわざ日を変えて時間を潰す必要はありません。

 

 

私の場合でしたら、30分〜40分程度づつ時間をずらして、訪問の約束を受けています。
営業担当者には、次が来るので30分で終わらせてくださいと、最初にお願いするようにしています。

 

引っ越し業者も、今は一括見積もりのお客が増えているので、慣れたものです。
普通に対応してくれると思いますよ。

 

私の経験だと、サカイ引越センターの営業担当者が、次の業者が来ているにも関わらず、粘って帰ろうとしなかったことが1度だけありました。

 

これは、サカイだからということではなく、営業マンの資質による所だとは思います。
サカイさんにも、何度も訪問して貰った経験がありますが、1度だけなので。

 

あまりしつこいようなら、本社にクレームしますと言えば、大人しく帰るので、気にしませんけどね。
気の弱い方は、訪問見積もりの間隔を、少し長めに調整すると良いと思います。

 

引っ越し業者の見積もりはキャンセルはできる?

引っ越しをする前には、見積もりを業者に依頼しますよね。
見積もりは基本中の基本なので、必ず利用して欲しいと思いますが、見積もりを依頼するとその業者を利用しないといけないと思い込んでいる人もたまにいます。

 

 

しかし、実際はそんなことはなくて、遠慮なくキャンセルできるので、知っておいて欲しいと思います。
引っ越し業者に見積もりを依頼したら、その業者に絶対に依頼をしないといけないとなると、そもそもいくつもの業者に見積もりを出すことができなくなりますから。

 

どの引っ越し業者も見積もりは基本的に無料ですし、見積もりを出したからといって、作業の依頼を強制することはありません。
したがって、見積もりはいろいろな会社に依頼をしてもらって大丈夫ですし、むしろその方が良いのですね。

 

というのも、引っ越しの料金については、会社ごとに全然違うからです。
多くの会社の見積もりを比較した方が、少しでも安く利用できる会社を引き当てやすいのです。

 

何度も転居している人は慣れていると思いますけど、初めての人は引っ越し業者の見積もりについて、勉強をした方が良いと思います。
見積もりに制限はありません。
一括見積もりのサイトを利用すると、簡単で便利に行えると思います。

 

一番安い引っ越し業者を選ぶコツは、一括見積もりサイトでたくさん見積もりをとって、競わせることなのです。
依頼する会社以外は、遠慮なくキャンセルして良いのですから。

 

引っ越し業者の見積もりをキャンセルしたら料金はかかる?

見積もりしてもらって、作業の依頼をしたものの急遽、予定日に引っ越すことができなくなる場合があります。
例えば身内に不幸があったり、転勤が中止になって転居自体する必要がなくなったなどが該当します。

 

 

このような時に気になるのが、「依頼していた引っ越しをキャンセルしたら料金はかかるのか?」ということです。
これは経験が少ない方に多い疑問でもありますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

引っ越しの2日前まではキャンセル料金はかかりません。

 

引っ越しをキャンセルする場合ですが、2日前までに作業を依頼していた業者に連絡をすれば、キャンセル料金がかかることはありません。
これは消費者間とのトラブルを防ぐために作成された、標準引越運送約款にも記載されているものであり、全ての業者が守る必要があります。

 

ちなみに引っ越し前日にキャンセルや延期の連絡をすると、見積もり書に記載された作業料金の10%以内、当日は20%以内のキャンセル料金が発生することになります。
こちらも、標準引越運送約款 第8章 第20条にその旨が定められています。

 

そのため、あらかじめ早い段階で引っ越しの予定がなくなることがわかっている場合には、作業2日前までの連絡は忘れないようにしておきましょう。
また注意点としては、2日前までにキャンセルの連絡をしても、契約後に受け取った梱包資材などの代金は発生する可能性があります。

 

引っ越し業者によって梱包資材等の料金は異なることもあるため、見積もり時にはこの点に関しても必ず質問しておきましょう。
後々のトラブルなどを回避するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

引っ越し業者の見積もりが安い!一括見積もりの魅力を紹介!記事一覧

私は先日、関東から東北に引っ越しました。インターネットの一括見積もりサイトで比較して、一番安い引っ越し業者を探そうと申し込んでみました。申し込んで1分後には、いくつかの引っ越し業者から電話がかかってきました。少しでも安くするためのなので仕方ありませんが、途中から対応だけで疲れてしまいました。今年はマンションや家を買う人が多いようで、それに伴って引っ越しをする人も多いようです。関東から東北までの1人...