アリさんマークの引越社の良い評判その1.駆け引き不要で利用できる!

今までの引っ越しや家具のレイアウト替えは、全てアリさんマークの引越社に作業していただいています。
初めて使ったのは15年ぐらい前の一人暮らししていた東京都内から大阪までの引っ越しでした。

 

 

当時は今ほどネット見積りなどは盛んではなかったので、テレビのCMでアリさんマークの引越社を見たのが、電話をしたきっかけです。
当時人気絶頂だった飯島直子さんや赤井英和さんを起用したCMが印象的でした。

 

引っ越し業者を使ったのは初めてだったのですが、アリさんマークの引越社の営業の方が丁寧に説明いただきました。
様々な料金プランも提示いただけたので、平日作業にして安く引っ越したのを覚えています。

 

東京都内から大阪に転居した以降も、実家の引っ越し、結婚に伴う引っ越し、子供が産まれたので部屋のレイアウト替えと全てアリさんで施工してもらっています。

 

周囲からは相見積もりとった方が安くなるとアドバイスされたりしますが、アリさんマークの引越社は営業の方が見積りをする為に来られた時にズバリプライスを提示されたり、先に予算いくらですかと聞いてくれたりしますので、安心感があります。

 

最初10万と言っていたのに他社が8万だから8万に合わすというような姑息な営業ではなく、トラック1台と2名来るので最低これだけかかるという値段提示されるので、分かりやすいし気持ちよく申し込めます。
ANAのマイルが貯まる場合もあるのでお得です。

 

アリさんマークの引越社の良い評判その2.担当の方の人柄・姿勢

1人暮らしの母の引っ越しで、アリさんマークの引越社を利用させて貰いました。
実をいうと、最初はアリさんにお願いしようと思っていたわけではなくて、幾つかの業者に見積もりを出したうちの一社というだけでした。

 

 

初めは、一番安い所に決めようっていう、ごく単純な理由で相見積もりをしました。
ですが、最終的にアリさんマークの引越社にお願いしたのは、料金ありきではありませんでした。
何が一番決め手になったかというと、見積もり時に訪れた担当の方の人柄・姿勢に尽きます。

 

細かい話ですけど、今時こんな営業マンがいるのかというぐらい、自社と顧客に対しての言葉使いが明確に区別されていて、物凄く丁寧に話されました。
こちらは、高齢の母とその娘と言う女2人にもかかわらずです。

 

こんなことを言ってもいいのかどうかわかりませんけど、見積もりに来られた他の業者の担当者は、明らかに母を見下したような物言いをされた方もいました。
あちらにすれば、親しみを込めたつもりだったのかもしれませんけど、引っ越しを依頼する当事者を無視して、話を進めたり、挨拶や名刺を渡すことすらしない方もいました。
アリさんマークの引越社の担当の方は、何をおいてもまず当事者の母を剥いて話してくださったのが、印象に残っています。

 

実際の見積もりも、玄関を入る前からそれとなく家財道具のチェックをされていたようです。
それも決してじろじろ見渡すと言った感じではなかったので、反対に驚きました。
実際に引っ越し業務を担当してくれるわけではないですが、こんな人が働いている会社なら安心できるという母のたっての希望でした。

 

引っ越し当日は雨だったに、そんなことも忘れるぐらい本当に丁寧に仕事して頂けました。
業者選びには、CMやサービスについつい踊らされそうになりますけど、結局は人と人の繋がりなのかなと感じました。

 

アリさんマークの引越社の良い評判その3.安心感がある

夫婦二人の引っ越しで、アリさんマークの引越社を利用しました。
一括見積もりを出したとき、何処よりも早く連絡をいただけました。

 

 

専門の引っ越し業者という点と、アリさんマークの引越社は、身元を保証できない派遣日雇いの方は採用していないという点で、安心感を覚えたので契約となりました。

 

当日来て頂いた方は2名だけでしたが、昼から始まり夕方にはちゃんと終了しました。
養生も梱包も丁寧に行っていただき、スムーズに運搬していただけました。

 

作業中も無駄な会話はなく、かといって黙々と引っ越し作業という感じではなく、こちらも下手に緊張せずにいろいろとお願いすることができました。
部下に高圧的なタイプの人が来ていたら、こちらも緊張したり嫌な気持ちになってしまいますが、アリさんマークの引越社では、その心配はなかったようです。

 

間取り的に玄関から食器棚を入れることが出来なかったのですが、急遽寝室の窓を外して搬入してくださいました。
大体入るだろうと想定していた家具が、並べて入れることが出来なかったため、一度設置したものを再度別の場所に移動してもらいました。

 

こちらの不手際で相当疲れていたにもかかわらず、嫌な顔ひとつせず反対に「他に移動したいものはないですか?」と聞いてくださるところが好感度が高いです。
アリさんマークの引越社の爽やかな二人組で、気持ちよく引っ越しを終えることが出来たのが良かったです。

 

アリさんマークの引越社の良い評判その4.新築物件に強い

子どもと夫と住んでいた時に、新築の賃貸物件の借りたことがあります。
その際、どこの引っ越し業者に頼もうか不動産屋で見積もって貰い、3社の営業担当の方が来られました。

 

一番良い印象だったのは、アリさんマークの引越社の当時の営業マンでした。
ハキハキ話す非常に好青年な方でした。

 

 

それで、アリさんマークの引越社のことを素直に正直にいろいろ話を聞かせてくれました。
詳しい話は省きますが、要するにアリさんマークで一番良いところは、荷物を運ぶ際、壁などに傷がつかないようにするために張物をする作業があるのですが、これに関しては一番しっかりしてくれるとのことです。

 

新築の住居に傷がついては大変ですからね。
新しい家はメゾネットタイプで階段が急なので非常に傷がつきやすい家でした。

 

そして決めては、相見積もりの結果、料金が一番安い引っ越し業者だったのです。
交渉も快く受付てくれて、営業マンの方はすぐ電話で上司に交渉してくれ安く見積もってくださいました。

 

プランについてもエアコンの取り付けで必要なタイプ、要らないタイプと本当のことを話してくれたので、この方に任せて安心と思い、アリさんマークの引越社と契約を結びました。

 

引っ越しは非常にスムーズで、当日は、その方も作業員として作業してくれました。
新築の賃貸物件には、傷一つつきませんでした。

 

とても気持ちの良い引っ越しができて大満足でした。
やはり、営業マンの信用というものは大事だなと思いました。

 

アリさんマークの引越社の悪い評判その1.営業マンが強引

数年前の引っ越しで「アリさんマークの引越社」を利用しました。
残念ですがあまりいい印象を持てませんでした。

 

 

まず、営業の方が結構強引でした。
他の業者と相見積もりをとりましたが、他の業者の営業さんはこちらからの連絡を待ってくれたのですが、「アリさんマークの引越社」の営業さんは仕事中にも電話がきました。

 

「夫が最終的に決めるけど、今は風邪で寝ているので」と電話で言うと、少しだけだからと夫が電話に出るように求めました。
そこで契約をやめておけばよかったのですが、他業者よりも大幅に値引きをしてくれたため、「アリさんマークの引越社」にお願いすることにしました。

 

実際の引っ越しの日、作業員の方の作業は非常に素早く手馴れていた感じで、その辺に不満はまったくないのですが、事前に「家に入る前に靴下を履き替えます」とか「コーヒー代などは別途いただくのをお断りします」と説明をうけていた事は全部異なっていました。

 

引っ越しシーズンでもあったし忙しいので靴下の履き替えは大変だろうし、コーヒー代なども社員に言わなきゃいいだけなので断らないでしょうけど。

 

まあ、基本的には問題なく引っ越しは終わったし、最終的には引っ越しまでに時間がなかったり、できるだけ安くあげようと思って契約したこちら側の責任なので、クレームをいれたりすることは一切しませんでしたが、次回「アリさんマークの引越社」を選ぶか、といったらちょっとためらってしまう体験でした。

 

アリさんマークの引越社の悪い評判その2.アルバイトの扱いが悪い

住んでいるアパートの取り壊しが決まり、急きょ引っ越すことになりました。
あまり時間が無かったため、見積もりを比べる余裕もなくCMでたまたま知った大手の「アリさんマークの引越社」に引っ越しをお願いすることにしました。

 

 

引っ越したのは、当時住んでいたところから30キロほどの同一の町です。
アリさんマークの引越社に見積もりを頼むと、数時間で担当者の方が家に来て見積もりを提出してくれました。

 

金額は4万円。
他の引っ越し業者と比べたわけではありませんので、アリさんマークの引越社が高いか安いかは分かりませんでした。

 

ただ、営業の方はかなり必死な感じで契約を勧めてきましたので、それに押されて決めてしまったことはありました。
アリさんマークの引越社は、ノルマが厳しいことが感じられ、少し同情をしました。

 

引っ越し当日は3人の従業員が来ました。
とても愛想が良い3人組みでしたが、おそらく一人が正社員で残りがアルバイトなのでしょう、アリさんマークの引越社の社員の方が、かなり厳しい言葉でアルバイトの人に指示を出していたのが印象的でした。
少し怖かったので、少なくとも私が見ている所ではそのような発言はやめてほしかったです。

 

引っ越し作業自体はかなり迅速で、運びにくいであろうわれやすい食器なども丁寧に包んでくれました。
全体的には満足できるサービスでしたが、アルバイトへの扱いが少し目に余る感がありましたね。

引っ越しは、業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

引っ越しを繰り返し経験した達人が、安く見積もりを取るコツを教えています!
ぜひ参考にしてください。

一番安い引っ越し業者はどこ?