MENU

勤務先の転勤、念願のマイホーム購入、子供の独立、そんな時に一番に考える事・・

 

引っ越業者は安いに限る!!

 

長い人生の中で、一度も転居を経験しない人もいれば、何十回と経験する人もいます。
もし、初めて引っ越しをすることになった場合、何から始めたらいいかさえ分からない人も多いのではないでしょうか?
でも大丈夫!
当サイトでは、一番安い引っ越し業者の探し方、見積もりを安くするコツなどを紹介しています。
ぜひ参考にして下さいね。

 

 

一番安い見積もりを業者からとるコツは?

引っ越しは回数を重ねるたびに上手に、手際よくなるものです。
私もそうでしたから(笑)
最初は、引っ越し業者に言われるままに事を進めていっていたものが、次第に自分が主導するかたちで準備を行うことが可能になります。

 

更に住居を移すというのは、何かとお金が掛かるものですので、料金を安く押さえるとなるとどこを削っていくのがいいのか?
転宅転勤で会社から手当てが出る場合でも、大抵は足が出てしまうものですので、引っ越し業者の費用は少しでも安い方がいいですよね?

 

それには・・・ちょっとしたコツがあります!

 

 

安い引っ越しのコツ1:見積もりは少しでも早く!

1年の中で一番引っ越し業者が忙しい日といえば、3月の土曜日の大安の日です。
この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか?

 

なんと3ヶ月も前です!

 

 

実は引っ越し業者の価格には定価というものがありません。
トラックの空き状況に応じて、弾力的に決められているのです。

 

荷物を運ぶためのトラックや正社員の人件費などは固定費です。
仕事がなくても引っ越し業者の負担は変わりませんので、空きが多い状況の時には、値引き交渉に応じてくれやすいのです。

 

安い料金でも、とにかく予約をとって売り上げを確保しておく、ということです。

 

反対に、予定が詰まっていれば値引きには応じてくれなくなります。
どんな引っ越し業者も無尽蔵に人員を抱えているわけではありません。

 

ある程度予定が埋まっていれば、無理して安い料金で売り急ぐ必要もありませんし、自社のトラックや人員で賄えない量になると、下請けに作業を回す分料金も上乗せされてしまいます。

 

ですので引っ越しの達人は、なるべく早く見積もりをとって、安い価格になるよう、有利に交渉を進めているのです。
ちょっとしたコツですが、意外に有効なので実践してみてください。

 

安い引っ越しのコツ2:日にちに幅を待たせる!

業者から見積もりをとる際、通常は引っ越し日を指定する思いますが、この日程に幅を持たせるほど安い金額で交渉しやすくなります。
分かりやすく言うと、例えば「3月5日で見積もって下さい」よりも「3月1日から3月7日までで一番安い日で見積もって下さい」という方が、絶対に安くあがるのです。

 

理由は上でも説明しているように、予約の空き状況によって価格が変動するためです。
一番暇な日に予約を入れてくれるなら、引っ越し業者としても値引きしてでも仕事が欲しいわけです。
トラックや人員を遊ばせておくよりはいいわけですから。

 

要するに、引っ越し業者が一番暇な日時を狙えば良いのです。
そうすれば、無理な価格交渉などしなくても、ちょっとしたお願いで値引きしれくれます。

 

安い引っ越しのコツ3:低価格の業者を探す!

引っ越し業者と言えば、テレビCMやインターネット広告等で有名なところはもちろん、地域密着型の会社まで沢山ありますよね。
とは言え、いくら安いからといって、あまり小さな会社では、大切な家財道具をちゃんと運んでくれるか心配です。

 

それに引っ越し業者に払う料金は、同じ内容でも天地ほども差があるのです。
それこそ、安いところと高いところでは、びっくりするくらいに違います。
ですので、初めての引っ越しでも損をしない為には、依頼する側にも注意が必要です。

 

例えば処分する家具がある場合など、自治体によっては無料で処分してくれるところもあれば、家具一個につき処分費を払う必要も出て来ます。
小さな家具であれば処分も簡単かもしれませんが、大きな物になると自分で運ぶことさえ困難ですよね。
そういった時、引っ越し業者による引き取りも可能ですが、処分費をきっちり見積もりに入れるところもあれば、サービスしてくれる会社もあるのです。

 

逆に考えてみれば、そういった処分費は、依頼する側からの交渉によりカットすることもできるものなのです。
ちょっとした交渉が、大きな節約につながるのです。

 

 

 

 

一番安い引っ越し業者を探したいなら、なるべく多くの業者で見積もり取って交渉をしましょう。
○○さんは、ここの部分はサービスしてくれると言ってるけど?
この値段にしてくれたら、○○さんに決めます!
などは、とても有効な交渉文句です。

 

とは言え、相見積もりを取るにしても、最低限まともな引っ越し業者さんがどこか調べる必要はあります。
とんでもない不良会社で、大事な家具や貴重品が傷だらけにされたのでは、いくら費用が安いと言っても話になりません。
担当者のミスで、トラックが手配されてなくて引っ越しできなかったという話も中にはあるのですから・・

 

そこで当サイトでは、インターネットによる一括見積もりをオススメしています。

 

一括見積もりサイト側が、きちんとした引っ越し業者を厳選していますので、安心して比較することが可能です。
基本的には大手企業、または評判の良い地域密着型の会社です。
参加している業者数は190社以上、その中から最大10社に同時に見積もりを依頼することが可能です。

 

引っ越し一括見積もりの依頼をし、実際に見積もりをしてもらうと、安い高いの値段の差にびっくりすると思いますよ(笑)
私が初めて利用した時には、「何故こんなに値段が違うの?」と驚いてしまいました。

 

 

私の引っ越し一括見積り体験談

 

インターネットの一括見積もりを不安に思う方もいると思いますので、実際の体験をお話します。

 

私の引っ越し歴は9回。
最初の引っ越しは、不動産会社からの紹介でそのまま業者を決めてしまったという、今思えば苦い経験があります。

 

昔のことなので、今のような便利な一括見積もりはない時代です。
今のように安い引っ越し料金で済ませることなんて無理な時代でしたが、それでも複数の業者から見積もりを取って交渉することくらいできたかもしれません。
でもそういったことも知らないほど、若かったんですね。

 

その後、主人の仕事の都合で、日本全国を2〜3年に1度引っ越しするという人生を過ごしていますが、回数を重ねる毎に、費用をどんどん安くしていけています。
要領が分かってきて、どんどん賢くなったんです(笑)
今から2年前に引っ越しをした際にも、実際に一括見積もりを利用して、一番安い引っ越し業者を探しました。

 

インターネットで条件を入力し依頼すると、すぐに3社から連絡が入ってきました。
今までの経験上、実際に引っ越し業者の人が見に来て見積もりしないと、本当の費用が出せないのは知っていたので、連絡が来ることには特に抵抗はありませんでした。
私はその3社から見積もりを貰うことに決め、自宅に来て貰いました。

 

 

 

 

大手の引っ越し業者2社と地元密着型1社です。
大手は丁寧に家財道具を扱ってくれる安心感がある上に、元の値段はこんなに高いけど即決してくれたらこの値段にしてあげますよ、というお決まりの決め台詞を出してきます。

 

思わず「お願いします!」と言ってしまいそうになりますが、ここは我慢して3社すべてに見積もりを出して貰いました。
そうした所、地元密着型の引っ越し業者が見積もりに来る時間に遅れてしまったとの理由で、一番安い値段の提示をしてくれました。

 

処分する家具が3つありましたが、それもすべて交渉して無料引き取りしてくれるとのこと。
この時点で地元密着型の引っ越し業者に決めました。

 

ちなみに大手2社の見積もり金額は約15万でしたが、約7万円まで交渉で引き下げる事ができました。
金額の交渉をする際、大手引っ越し業者の即決金額より安い額をベースに、そこから引き下げの交渉を行ったのが良かったのだと思います。

 

実はあまりに安いので本当に大丈夫かと心配しましたが、当日は丁寧に作業をしてくれました。
おかげで2年前の引っ越しは、過去最安値となりました(笑)

 

 

 

 

実際の体験もありますが、一括見積もりは簡単に出来て連絡をしてきてくれる上に、うまく交渉することにより納得いく引っ越しを行うことも可能です。
もちろん大手には大手の良いところもあります。
でも誰だって同じ条件での引っ越し内容となるのであれば一番安いところに依頼したいのではないでしょうか。

 

是非、一括見積もりを利用して、お得な引っ越し業者を見つけましょう!

 

引っ越しは業者によって料金が大きく違うことを知ってますか?
丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。
ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です!

 

利用はもちろん無料です!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

引っ越し業者を選ぶときに考えておきたいこと

引っ越し業者について考えたとき、丁寧で料金が一番安い所が最も選ばれやすいのは当然ですよね。
反対に、高くて作業が雑な会社は、人気がありません。
ですが、引っ越し業者と言っても数多くの会社が存在しています。
経験が少ない人などは、一体どこをどう選べばいいのか、見当も付かないことも多いのではないでしょうか?

 

大手、中小と大きく分けることもできますが、大手だからといって安心することができるのか、中小だからといってダメなのかは、実際のところ分からないかもしれません。
引っ越しで一番大事なのは、先にも挙げたとおり、料金が安いことや、サービスがどういった内容なのかで決まってくると思います。

 

金額は、転居のタイミングなども関係してきますし、細かく言えば移動距離、空き状況なども見積もり金額の高い安いに関係してきます。
大手は有名だからそれだけで大丈夫、という考え方は実は信じてしまうと、後で後悔することになるのです。

 

また中小企業の引っ越し業者のように、地域に密着したサービスなどもあるかもしれませんので、そこも視野に入れて考えておく必要があります。
もしどちらがどうなのかで迷うようなことがあれば、ネットなどの口コミも参考にはなりますが、実際のところ、人それぞれ捉え方も違ってくることを踏まえておきましょう。

 

 

訪問見積もりで引っ越し業者を決めるというやり方

引っ越しの見積もりには、実際に自分の家の中まで来て、そこから荷物の量を確認して見積もりを行う、訪問見積もりという方法があります。
これは荷物の量を従業員が直接見て確認をするために、より正確な見積もりをすることができるというメリットがあります。

 

それ以外には、引っ越し業者の従業員の様子とかを間近で見られるチャンスでもあります。
実はこれ、一番重要です。

 

つまり、見積もり依頼をした引っ越し業者の従業員が、どういう態度で働いているのか?
ちゃんと話を聞いて理解できているのか?
・・をチェックできれば、それは引っ越し業者選びにおいて、一番参考になるポイントになるはずです。

 

さすがに真面目に仕事をしていないように見える従業員がいる会社に、依頼はしたくありませんよね?
だからこそ、引っ越し業者に訪問見積もりを依頼するときには、料金が一番安いのかといった事だけではなく、しっかりとその様子をチェックしておく必要があります。

 

その結果、ちゃんと仕事をしてくれているとか、真面目な態度がうかがえるという場合には、見積もりの金額次第では、その会社に決めても問題ない場合もあるでしょう。
見積もり金額が一番安いからといって、家や家財道具を傷だらけにされては本末転倒ですから。

 

訪問は単に見積もりをする機会だけではなく、引っ越し業者の選定においても重要な役割を発揮する可能性があるので、日程に余裕があるならば、絶対に利用するべきだと思います。
見積もり金額が安いと思って依頼したら、当日、作業員が来なかったといったトラブルもありますので、人間を見て依頼するというのは重要な事なのです。

 

 

1人なら単身パックのある引っ越し業者に依頼を!

引っ越し業者の中では、1人用のサービスとして単身パックを用意しているケースがあります。
安い見積もりをゲットするのは、かなり重要なポイントですよね。
単身パックは、1人分の荷物であるような場合に利用できて、通常の引っ越しと比べても割安感があるサービスです。

 

しかし、どこでもやっているサービスではありませんので、注意が必要です。。
有名な業者は大抵やっていますが、引っ越し業者は全国に非常に数がたくさんありますから、やっていないところもあります。
なので、単身パックがあるかどうかを、必ず確認してください。

 

基本的にはこの単身パックを利用すると、引っ越し料金は割安になるはずです。
自分1人分の荷物で済むという場合ならば、単身パックを使って行った方が安いと言えるでしょう。

 

一人で転居する人は、単身パックを利用できる引っ越し業者を条件にすることをおススメします。
もちろん、お金は別にいくらでも良いという方は、単身パックにこだわる必要はありませんよ。
ですが殆どの人は、転居に伴う費用は、少しでも安い方が良いと思っている筈です。

 

単身パックがあるであろう大手の引っ越し業者を中心に見積もりなどをお願いしていくと良いのではないでしょうか?
知名度が劣る業者の場合には、単身パックなどは実施していない可能性もありますから。

 

どういう引っ越し業者を選ぶにしろ、見積もりの前に、安い単身パックの有無を必ず確認しておくと良いです。
それから実際にいくらかかるのか?を調べていきましょう。

 

引っ越しは業者によって料金が大きく違うことを知ってますか?
丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。
ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です!

 

利用はもちろん無料です!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<